7pices製作セット

ピース及び木の枠の材料はyellow cedar(イエローシダー)です。よく見ればわかるが樹齢数百年~千年以上です。樹齢が多いということは長年の間に多くの成分を蓄積しており、細菌やウイルスなどに対して強い対抗性を持ちます。サンドペーパーで削った木の粉はツルツルし、体に良さそうな香りがあります。この木は磨けば磨くほどスベスベになり、今まで感じたことのない感触が心地良いです。ぜひ体験してください。
7ピーシーズ製作セット

完成品

セットでこれらが出来上がります。ピースとピース箱とサンディングブロックと作業盆です。
画像の説明
これらを作るために、皆さんで準備して頂くものがあります。

d@(準備するもの

皆さんの家にあると思いますが

  • 木工用ボンド
  • ゴム系ボンド
  • 両面テープ
  • カナヅチ(サンディングブロック組み立て時にあればいい)

製作要領

①サンディングブロックの製作

画像の説明

送付部材

  • 板(タモ材またはナラ材)ダボ穴あり  2枚
  • サンドペーパー粒度240番、400番  各1枚
  • ネオセール革付1.5mm    2枚
  • 圧縮ダボ(アスペン)   2個
画像の説明

サンディングブロックの組み立て

ダボに木工ボンドを塗布して、板のダボ穴に挿入します。
カナツチなどで叩き込んでください。
ダボは圧縮ダボですから、ボンドの水分を含み穴の中で膨張し接着力が増します。
ダボは引出しや建具などの枠の留めに利用されます。
釘やビス止めより堅固に固定できます。
これを機会にダボ留めを利用したものを自作ください。

サンドペーパーの貼り付け

画像の説明

ネオセール(黒スポンジ)を板に張り付けます。
両面テープよりゴム系の接着剤の方が良いです。
私たちは接着剤で張り付けています。
次にネオセールの上にサンドペーパーを貼ります。
サンドペーパーを張り替えやすくするために、
両面テープで張り付けます。

サンディングブロックの完成

画像の説明

粒度240番で木口や木端を削り、400番で
全面を仕上げるとよいと思います。
ホームセンターにあるサンドペーパーの
長さ方向2つ切り、幅方向4つ切りのサイズです。
粒度がいろいろありますので試してみてください。
このサンディングブロック結構使いやすいと思います。

②ピースの研磨

送付部材

画像の説明

7つのピースがあります。
そのうちの1つだけは見本として私たちが磨いたものがあります。磨く参考にしてください。
サンドペーパーの400番まで研磨したら
次にティシュペーパーで熱くなるほど擦ってください。
あなたが経験したことがないほど、ツルツルになります。

③ピース箱の製作

送付部材

画像の説明

枠はベニヤ溝加工と直角に組み合わさるように木口をカットしてます。

  • 枠部材 4本
  • ベニヤ板 1枚
  • ゴムバンド 4本

箱の組み立てと研磨

画像の説明

木口のカットした部分に木工ボンドを塗布し画像のようにゴムバンドで締め付けます。
その時、接合部の段差がないように、調節します。
はみ出した接着剤は乾かないうちにふき取っておくと、後の作業が楽です。
接着剤が乾いたらサンドペーパーで角や面を削ります。
仕上がりサイズ 14.5cmx14.5cm

④作業用の盆の製作

送付部材

画像の説明

枠はベニヤ溝加工及び直角に組み合わさるように木口をカットしてます。

  • 枠部材 4本
  • カラーベニヤ板(ブラック) 1枚
  • ゴムバンド 4本

盆の組み立てと研磨

画像の説明

木口のカットした部分に木工ボンドを塗布し画像のようにゴムバンドで締め付けます。
その時、接合部の段差がないように、調節します。
はみ出した接着剤は乾かないうちにふき取っておくと、後の作業が楽です。
接着剤が乾いたらサンドペーパーで角や面を削ります。
仕上がりサイズ 33cmx33cm

作業終了

インディアン達が「魔法の木」と呼んでるイエローシダーの加工はいかがでしたか?木の香りに癒されたことと思います。完成したピースに触れた人達はその手触りに感激します。子猫を撫でた時のふわふわ感、赤ちゃんのほほに触れた時の柔らかい感触、それらと類似したスベスベ感に気持ちが和みます。きっとあなたの自慢の作品になることと思います。

a:106 t:1 y:1